3年使用後レポ「MacBook用ケースは国立商店のスリーブケースが最高!」

N811_MBA500-thumb-750x500-2112_1024

スポンサーリンク

わたしは、MacBook Airの愛用者です。
もちろん、このブログもMacBook Airで書いています。
外出時には、Xperia Z4 Tablet(+キーボード)で書くこともありますが、やっぱりキーボードの打ち込みのし易さはMacBook Airの方がはるかに上。ホント、MacBook Airには大変お世話になっています。

今のMacBook Airを購入してすでに3年になりますけど、日常使用で問題になるような点は全くなくて、購入時と同じ感覚で未だに現役バリバリ。
これ大袈裟に言ってる訳じゃなくて、本当にそう感じてます。
見た目の方も、特に保護用のカバーを着けたりしてないけど、パッと見ではキズ一つなくて新品の時と何が違うの?って感じです。
そもそも、現行モデルとデザイン自体はほぼ変わっていないですし。

これほど素晴らしいMacBook Air(兄弟機のMacBook ProやMacBookも含めて)ですから、きっとわたしと同じように長く使っている人も多いと思います。
そして長く使える大事なMacBookですから、やはりケースにはこだわりたい!
そんな思いで3年前MacBook Airを手に入れるのとほぼ同時に購入したのが、今回紹介する国立商店さんの「職人が作るオイルドレザースリーブ」です。

まずは、本家ウェブサイトのリンクを貼っておきますので、まぁ見て下さい。
(MacBookシリーズ以外のスリーブケースも掲載されていますが、現行MacBookシリーズ全てに対応するサイズが掲載されているはずです。)

・国立商店:職人が作るオイルドレザースリーブ

価格はサイズによって差異がありますが、おおむね1万円強といったところです。
高いですか?確かに安くはないです。
ですが、本革(オイルドレザー)で出来ていて、クッションに厚めのフェルト材が使われており、さらに職人さんの手作りメイドインジャパン!

P3030178_1024

そして何より物凄い所有感に浸れます。本革ですからね!普通にそこらの電器店で売られているケースと比べると高級感が違います。
それでいて、色がブラックに内装のフェルトがレッドということもあり、落ち着き過ぎることもありません。むしろ最初は「中のレッドはちょっと派手か?」とも思いましたが、使っていればそんなことは気にならない。

さらに使って3年になりますけど、もちろん壊れることもなく、思っていたほどキズもつかず、まだまだ使えそう。

3年前の購入時に撮っておいた写真があったので、今との比較を載せておきます。

こんな箱に入って届きました。今は違うかも。
P3030175_1024

MacBook Air(13インチ)を収納した状態。スリーブケースなので、蓋などの余計なものは一切ありません。サッと取り出せます。

P3030176_1024

さすがに購入直後だけあって、表面も今より綺麗かも。

P3030180_1024

 

3年経過後。光の当たり具合でキズが多いように見えるかもしれませんが、実物を見ると全然気になりません。革なのでキズであっても風合いが出てきたように見えます。

thumb_NAG_4928_1024

革なので、どうしても多少伸びてはきます。ですが、下に向けるようなムチャをしなければ大丈夫です。

thumb_NAG_4929_1024

それからこちらのケースですが、MacBookを取り出した後は、そのままMacBookの下に敷いて使用すると邪魔になりません。
特に外出時だとMacBookを取り出した後に、カバンに収納したりどこかに置いたりしなければならなくなりますが、このケースはMacBookの下に敷いても全然違和感がないので、とってもスマート。thumb_IMG_4847_1024

 

MacBookシリーズって、他のPCに比べるとお値段高めですから、購入した人はそれなりにこだわりを持って決めた人が多いのではないでしょうか?
せっかくこだわって手にしたMacBookですから、ケースにもこだわりたい。

3年後も変わらず使えるこちらの国立商店さんの「職人が作ったオイルドレザースリーブ」、自信を持ってオススメします!

職人が作るオイルドレザースリーブ for MacBook(12インチRetina)総革製 牛革とフェルトを贅沢に使い職人がハンドメイドで仕上げた国産レザーケース (ブラックxレッド) 国立商店

 

スポンサーリンク