「ジブン手帳」専用ファスナーケースをレビュー!。付箋とか収納するのに便利。

スポンサーリンク

着々と「ジブン手帳」の武装を進めております、コツメです。

「ジブン手帳」専用の革カバーを装着してみたところ、どうも革カバーについているポケット類だと小物を収納するのには不向きかな、と思いまして、買ってみました「ファスナーケース」。

丸善の丸の内本店で、700円(税抜)。もはや「ジブン手帳」関連の金銭感覚は完全にマヒしているので、躊躇なく購入。さっそく、この週末に装着してみました。

 

スポンサーリンク

思った通りの使用感。それ以上でも以下でもない。

読み返してみると「それ以上でもそれ以下でもない」だなんて、何となくイヤな感じの語感になってしまいましたが、別に嫌味を言うつもりはなくてですね。

本当に100%思った通りの収まり具合です「ファスナーケース」。

 

Thumb DSC 2562 1024

購入時は、こんな感じで透明フィルムで包装されているので、「フィルムケース」がどんなものなのか開封するまでのなく一目瞭然です。

なので、特にサプライズ的なものはありません。

 

Thumb DSC 2563 1024

裏面には、使用方法が書かれています。

名刺やカード類を入れる用途に適したポケットが3つも付いています。「ジブン手帳」専用のフィスムふせんにも対応していますので、フィルムふせんを持っている人なら、この「ファスナーケース」も欲しくなりますね。

そして「ファスナーケース」という名の通り、ファスナー付きの大型収納となっています。

 

Thumb DSC 2564 1024

さらにその下には「セットの仕方」が書かれておりまして、手帳カバーの内側に差し込むように、との事。

これは、いくら透明フィルムのパッケージとはいえ、開封するまでは良く分からないので、実際に開封して確認する事にしましょう。

 

Thumb DSC 2565 1024

出してみました。

なるほど、写真右側の透明なプレート状の部分を手帳カバーに差し込めばいいんだな、とすぐに理解できました。

 

Thumb DSC 2566 1024

図解通りに、手帳カバーに差し込んでみました。当然ですがジャストフィット!

ただ、システム手帳のようにリングで止めるような構造ではありませんので、少しのグラつきと言いますか遊びはあります。まぁ、それが「ジブン手帳」の柔軟性でもあるので、この点は仕方のないところです。

 

Thumb DSC 2567 1024

取り敢えず、行き場を失っていた付箋類をカードポケットに入れてみました。ちなみに、写真の付箋は「ジブン手帳」専用のフィルムふせんではありませんので、あらかじめご承知置きを。

恐らく、専用のフィルムふせんだとぴったり収まるのではないかと思われます。

 

Thumb DSC 2568 1024

ピントが合っていなくてスミマセン。

ファスナー付きケースの方に、10cmの定規を入れてみました。取り敢えず、この大きさのものならば全く問題なく収まります。

使用方法に書かれているように、大きめのチケットなどをしまっておくのに最適かと思われますが、これもジブン次第でしょう!

 

ま・と・め

買いですね!専用「ファスナーケース」

実は私自身は付箋をあまり使わないのですが、恐らく「ジブン手帳」ユーザーの皆さんであれば付箋を使い倒していることと推察します。

 

もちろん付箋だけでなく、ちょっとした小物を入れておくのに「ファスナーケース」があれば、「これ、どこにしまおうかな?」なんて迷うことも無くなります。

迷いは時間の無駄ですので、せっかくこのような専用グッズが用意されている以上、バンバン使ってみるのがよろしいかと思います。

 

最後に、この商品は意外と「ジブン手帳」取扱店であっても置かれていないことがありますので、以下のリンクからご購入して頂けますと、時間のロスもなくて皆さんもハッピーですし、私もハッピーになれます(笑)。

以上

 

 

2017年のスケジュール管理は「ジブン手帳」に決定!良く考えられた手帳です、これ。

2016.09.22

「ジブン手帳」専用の革カバーを「i-stock CLUB」さんで購入。大満足です!

2016.09.26

「ジブン手帳」にインデックスを付けてみた。「ランドスケープインデックス」がキレイです。

2016.10.02

「ジブン手帳」専用【下敷き】レビュー。トモエリバーとの相性GOOD!

2016.10.10
「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

 

スポンサーリンク