「アイスボックス濃い果実氷<マスカット>」でクールダウンしようぜっ!

thumb_DSC_0601_1024.jpg

スポンサーリンク

クールダウンしなきゃいけない程の暑さではない中、何言っているんでしょうワタシは。

こんにちは、コツメです。

さて、毎回ご好評を頂いておりますアイスのレビュー記事、今回はあのロングセラーブランド「アイスボックス(ICE BOX)」の期間限定商品「アイスボックス濃い果実氷<マスカット>」を紹介します。

決して、手抜きしたい時にアイス記事を持ってきている訳ではありませんので、そこのところ誤解のなき様お願いします。

スポンサーリンク

外観チェック

Thumb DSC 0596 1024

早速ですが、外観に迫ってみましょう。

通常のアイスボックスよりも、かなり縦長な容器となっています。

実は以前にも、同じタイプの容器に入って、しかも同じぶどう系で「アイスボックス濃い果実氷<巨峰>」というものが存在しました。

見たところ、そちらと同じ容器のようです。

 

Thumb DSC 0598 1024

この手のアイスにしては、果汁の量が異常に多くて「果汁80%」を誇っています。

これは通常のアイスボックスよりも、相当な味の濃さが期待できます。

 

Thumb DSC 0597 1024

さらに、「マスカット オブ アレキサンドリア」果汁がブレンドされていると!

皆さん、「マスカット オブ アレキサンドリア」ですよ!高級品ですよ!!

それが果汁中20%含まれていると!

ややこしいので少し整理すると、果汁80%のうち「マスカット オブ アレキサンドリア」が20%を占めているということですね。

まあ、大体どんな割合か分かりますよね。いずれにせよ、やたら果汁量が多い商品であることは間違いありません。

 

Thumb DSC 0599 1024

まだ開けません。

こちらは容器の上部になります。お馴染みの「ICE BOX」ロゴがさりげなく浮かび上がっていますね。アイスボックスファンなら、これだけでテンションMAXでしょう。

 

Thumb DSC 0600 1024

このように、上部に「開けろ!」という指示が丁寧に書かれていて、ミシン目も入っているので誰でも簡単に開けられます。

 

Thumb DSC 0601 1024

外装を破ると、中から真っ黒な蓋の部分が登場しました。

この外観からもわかるように、蓋をひねって開ける仕様になっています。通常のアイスボックスだと、上蓋をビリっと剥がしたらもう元には戻せない仕様ですが、こちらは高級路線だけあって途中でも蓋をすることができるようになっています。

全部、これにすればいいのに。

 

Thumb DSC 0604 1024

蓋をひねって外すと、このようにミゾが切ってあります。

なんだか水筒を見ているような錯覚に陥りますね。このミゾのお陰で食べ飽きたら蓋を閉めて、また後で食べるなんてことを可能にています。

 

Thumb DSC 0602 1024

いよいよ、ご対〜面〜!

おっと、マスカットだけあって見た目はかなり地味。<巨峰>の時は必要以上に「紫」を主張していたけど、マスカットって確かに皮むいたら実はこんな色だったかも。

 

Thumb DSC 0603 1024

しつこいですが、中身のご紹介。

見た目からは、濃い味が連想されませんが、実際のところはどんな感じでしょうか?

食べた!

ということで食べてみました。

マスカット果汁80%というだけあって、香料でごまかしている感じではない「本物感」が伝わってきます。

食感などは通常のアイスボックスと同様で、カッチカチではなく歯で噛み砕こうとするとシャリガジと、簡単に粉々にすることができます。

アイスボックスの良さって、この「硬すぎず柔らかすぎず」な氷の独特な食感ですよね。期間限定のマスカット味でも食感は健在です!

本当は、今のような春先よりも真夏が似合う食べ物だと思います。

今の状態でも十分美味しいけど、真夏に喉がカラカラに乾いた状態で食べたら、きっと10倍美味しさが増すんじゃなかろうか。

その他のいいところ

とにかく容器が蓋付きってところがいいですね。

真夏だったら簡単に完食しちゃうところでしたが、今は春、暑さもそれほどではありません。

そのため、2日に渡って食べたのですが、途中で蓋をして冷凍庫へ仕舞えるのは便利です。

 

それから、この細長い形状が片手でも持ちやすい。

アイスボックスといえば、容器に直接スポーツドリンクとかサイダー類を入れても美味しいけど、この商品はそのまま食べたほうが美味しいかな。せっかく果汁80%なので、濃い果汁を堪能すべきかなと思います。

この細い容器が持ちやすくていいんだけど、中にドリンクを入れて飲むには細すぎます。

価格は税抜き160円。全然高くないので、興味を持ったら即購入でお試しくだされ!

 

〜おまけ〜

thumb_DSC_0605_1024

 

以上

スポンサーリンク