電気マネー!新たなるIT技術の誕生か⁉︎

スポンサーリンク

ごめんやして おくれやして コツメです。

我がコツメ家は、TVゲーム大好き一家です。
なのでメジャーどころのゲーム機は大抵揃えてあります。

で今日はWii Uの話になりますが、Wii Uには巨大な液晶画面付きのコントローラーGamePadなるものが付属しており、このGamePadにはICカードリーダーまでもが装備されています。

・参考:GamePad

まあ、このICカードリーダーにSuicaやPASMOなどのICカードをかざすだけで決済できて、ソフトウェアのダウンロードが出来たりしちゃうわけです。

こういう機能が付いているとなると、使いたくなるのが人情というもの。
ちょっと前に子供がスマブラをやってて、なんでも追加キャラのミュウツーが欲しいというので、手持ちのPASMOを使ってダウンロードしてやったんです。

子供といっても小学校3年生なんですが、それでもカードをかざしたら「シャリーン」って音が鳴って、欲しかったミュウツーが簡単に手に入ったものだから興奮しちゃうわけですよ。

「なにこれ?どうやったの??」みたいな感じで。

だから、「電子マネーでお金を払って買ってやったんだぞ!」と教えてあげたんですが、どうしても現金を出して買ったわけではないからか、はたまたおバカだからなのか、電子マネーの仕組みが理解できない様子。

さらには、電子という言葉が聞き慣れないからか、
「電気マネー」と間違えて覚えてるし。

一度間違って覚えるとダメですね。どんだけ教えても頑なに「電気マネー」としか言いません。
「また電気マネーで、このゲーム買ってよ!」みたいな。

けどね、「幼児みたいな間違え方が可愛えぇわぁ。」
と親バカで、治す気もないんだけど。

とはいえ、いい加減「電子マネー」の仕組みは覚えてもらわないと、勝手に人のPASMOを持ち出そうとして、罪悪感もゼロなので非常にマズい。

任天堂さん、責任とって「子供でも分かる電子マネー講座」でもニンテンドーチャンネルで流してください。お願いします。

 

スポンサーリンク