【レビュー】モテる!モバイルバッテリー「cheero Power Plus 3 10050mAh」は紳士の必携品。

スポンサーリンク

約1ヶ月前に、モバイルバッテリー「Anker Power Core II 20000」を購入したばかりなのですが、頭がおかしいのかまたまた別のモバイルバッテリーを購入(ポチって)してしまいました。

今回購入したのは、「cheero Power Plus 3 10500mAh」という製品。

「なぜ、こんな短期間にモバイルバッテリーばかり買っているの?バカなの??」とお思いの方もいらっしゃる事でしょう。

理由を説明します。確かに「Anker Power Core II 20000」は良い製品です。容量にも性能にも全く不満は感じていません。しかし、購入する前から分かっちゃいた事なんですが、毎日の通勤でカバンに忍ばせて持ち歩くには、やっぱりこれデカくて重すぎ!!

という訳で、毎日持ち歩いている通勤カバンに忍ばせておくためのモバイルバッテリーを探したところ、こちらの「cheero Power Plus 3 10500mAh」が良さげでしたので購入してみました。まだ使用回数は片手で数えられる程度ですが、レビューを書かせて頂きます。

 

スポンサーリンク

重さは192g!「Anker Power Core II 20000」の半分だ!

今回モバイルバッテリーを購入するにあたっての優先順位は次の通り。

  1. 軽量・コンパクトであること
  2. それなりの容量があること(概ね10,000mAh以上)
  3. 信頼できるブランド

1と2は相反する間柄ではありますが、軽量・コンパクトでも容量が小さすぎると不安なので10,000mAhくらいは欲しいな、と。

で、適当に調べてみたところ、「cheero Power Plus 3 10500mAh」が軽量・コンパクトだし、色も白くて可愛らしかったので、まぁ衝動買いと言われても仕方のないレベルの速さでポチってしまいました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6512

1ヶ月前に購入した「Anker Power Core II 20000」と並べてみると、大きさの違いが一目瞭然です。

左側の「cheero Power Plus 3 10500mAh」の可愛らしさと比べると、「Anker Power Core II 20000」は文鎮のようです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6513

厚みも結構違います。

実際に、重さは公表値で「Anker Power Core II 20000」が385g、対する「cheero Power Plus 3 10500mAh」が192gですから、約半分です。

これなら常時、通勤カバンに入れておいても気になりません。(ちなみに、私の通勤カバンはやや大きめです。)

 

iPhone7を約3.5回フル充電可能!

公式ウェブサイトに書かれている情報によると、iPhone6を3.5回フル充電可能と書かれています。現時点(2017年3月)で最新のiPhone7でもほぼ同じ数値でしょう。

もちろん、他のスマートフォンやタブレットも充電できます。試しに私が愛用しているタブレット「Xperia Z4 Tablet」を充電してみたところ、問題なく充電されました。

また、「MacBook Pro 2016(13inch)」でも試してみましたが、やはり充電可能です。

さすがに「MacBook Pro」に充電しようとすると容量的にどうかと思いますが、iPhone・スマホ用であれば、1泊2日程度ならAC電源がなくても、これ一つで問題なさそうなレベルです。

 

USB-Aポートが2つあるので、2台同時充電もアリ。

地味に嬉しいのが「USB-A」ポートを2つ備えているところ。容量の小さいモバイルバッテリーだと1ポートしかない製品が多いので、ポートが2つあるという点が購入動機になる人もいるでしょう。

私は2台同時充電なんてヘビーな使い方をする機会を想定してはいませんが、1ポートよりは2ポートの方がやっぱりありがたいです。滅多にないでしょうけど「2ポートあって良かった」というシチュエーションが1度や2度は出てくると思いますので。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 650e

 

AUTO-IC機能で、デバイス毎に最適な電流に制御します。

使っていても正直実感できない機能ですが、精密機器へ充電することになるので、こういう機能があると書かれていると安心できますよね。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6508

パッケージ写真ですが、これまでご紹介してきたスペックが書かれています。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6509

こちらもパッケージ写真ですが、ご参考まで。

モバイルバッテリー側への充電には、USB-Aでパソコンに繋ぐか、USB-Aに対応したプラグが必要になります。iPhoneやiPadをお持ちであれば、プラグは流用できますね。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6514

ごちゃごちゃしていてお見せするのをためらいましたが、私の場合はiPhone用のプラグを流用してモバイルバッテリーに充電しています。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 650a

モバイルバッテリーへの充電時間は、約6時間30分です。

そう考えると、今回比較対象としている「Anker Power Core II 20000」は、2倍の容量でありながら充電時間6時間というのは特筆すべきスピードなんですね。

 

改めて「cheero Power Plus 3 10500mAh」ご紹介(レビュー)

今更感がMAXですが、改めて今回購入した「cheero Power Plus 3 10500mAh」の実物をご紹介します。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 650b

付属品はモバイルバッテリー本体と、充電用のケーブルが1本のみ。

モバイルバッテリーとiPhoneなどお持ちの機器をつなぐためのケーブルは別途用意する必要がありますが、普段お使いのケーブルを使い回せば問題ありません。

ただ、私と同じように通勤カバンに忍ばせておく、なんて用途を想定すると自宅用とは別に1本ケーブルを用意しておいた方がいいですね。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 650d

色はホワイト。

ツヤツヤしたホワイトではなく、マットな質感ですので手にもよく馴染みます。モバイルバッテリーをずっと手に持っている人なんていないとは思いますが、それでも滑りにくい加工がされているのは何かと安心です。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 650f

電池の残量は、LEDランプで確認することができます。ずっと光っている訳ではなく、側面の電源ボタンを押すと秒間だけ点灯する仕様です。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6518

iPhone6に充電してみましたが、全く問題なし!

 

ま・と・め

主にiPhoneやスマホの充電用としてモバイルバッテリーを選択するのであれば、今回ご紹介した「cheero Power Plus 3 10500mAh」くらいのサイズ感のものがベストでしょう!

シンプルで飽きのこないデザインも良いですしね。マットなホワイトが本当に可愛らしい。

あと1年保証がついてくるのもいいですね!安心して使えます。

最後に価格ですが、税込でも2,500円未満で購入できますので、非常にお得感があります。ユーザーからの評判も非常に高いcheero製品ですから信頼性も問題なし。

いやー、やっぱりこれは買っておいて良かったです!

 

男目線で大変恐縮ですが、デート中に女の子が

彼女
「あー、iPhoneの電池切れちゃった!」

となっても、

彼方
良かったら、これをどうぞ。

と、「cheero Power Plus 3 10500mAh」をさりげなく取り出せば、好感度アップ間違いなし(笑)。

紳士な皆さんにとっての必携品ですよ、これ。

 

(^ ^)ではでは(^ ^)

iPhoneなどスマホ用に、普段から持ち歩く場合はこちら!(今回ご紹介した製品です)

 

大容量派はこちら!(比較対象としたデカいモバイルバッテリー)

「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

ABOUTサイト運営者のご紹介

小爪 獺(こつめ かわうそ)

千葉県出身千葉県在住。家族構成は妻と子2人(娘+息子)。都内に通う普通の会社員です。

2015年12月に気の迷いで当ブログを開設。
基本スタイルは「雑記ブログ」ですので、今の自分が興味を持っていることを無選別に発信していきますが、似たようなライフスタイルを持つ方のお役に立てれば幸いです。

詳しいプロフィールを見る