【クーポンも超おトク】喜多方まで行けなくても『喜多方ラーメン坂内・小法師』が俺たちにはあるのだ!

スポンサーリンク

ラーメン好きの皆さん、おはこんばんちは。コツメです。

日本に数多あるご当地ラーメンの中でも、指折りの知名度を誇る「喜多方ラーメン」ですが、皆さんは喜多方へ行ったことありますか?

そもそも喜多方がどの辺りなのか知らなかったりして??

 

スポンサーリンク

喜多方市は福島県です!

失礼ながら、喜多方は主要都市から距離が離れていて、またラーメン以外にはこれといった特徴がなく人口も少ないので、意外とどこにあるのか知られていないんです。元々は醤油作りが盛んで”蔵のまち”とも言われていますが、蔵を見るために来てくれる観光客の数なんてたかが知れてますしね。

強いて言えば、鶴ヶ城・白虎隊で有名な、近年だとNHK朝ドラ「八重の桜」の舞台にもなった「会津若松市」とお隣同士であることが強みであるといったところでしょうか。

そんな訳で、「喜多方ラーメンが食べてみたい!」と思ったところで、実際に行くとなるとハードルが高すぎる喜多方ですが、喜多方ラーメン自体は現地に行かなくても食べられないことはありません。

博多ラーメンや札幌ラーメンを提供するお店が日本全国にあるのと同様に、喜多方で1・2を争う人気店「坂内食堂」の息のかかったお店『喜多方ラーメン坂内・小法師』が全国に散らばっているので、ここに行けば喜多方ラーメンが食べられます。

他にも個人店で喜多方ラーメンを出すお店はあると思いますが、今回はチェーン展開しているので比較的行きやすくて味が安定している『喜多方ラーメン坂内・小法師』を今回はご紹介します。

 

「喜多方ラーメン坂内・小法師」は、本家「坂内食堂」と関係あり!

まず、どういう訳か喜多方ラーメンを謳っているラーメン店って、博多・横浜・札幌などの主要ご当地ラーメンと比較すると、すっごく少ないんですよ。

なので、喜多方ラーメンを出すお店を自分の行動圏内で探すとなると、かなり大変です。そんな状況下で重宝するのが「喜多方ラーメン坂内・小法師」。

先ほども書きましたがチェーン店なので、北は岩手県から南は大阪府、高知県にまで店舗があります。まぁ都内が圧倒的に多いのですが、例えば私の住む千葉県でも2店舗が展開されています。

またチェーン店ではありますが、店名に「坂内」と入っているのは錯誤狙いのパクリではなく、実際に「坂内食堂」の店主を相談役に迎えているとの事。すなわち、本家「坂内食堂」のお墨付きを得られている喜多方ラーメンであると言えるでしょう。

なんて、ちょっとボカした書き方をしたのには理由がありまして、私、実は喜多方にある「坂内食堂」に行ったことがないんです。ですので食べ比べた感想を述べることが出来ません。喜多方に行くと、「坂内食堂」と人気を二分している「まこと食堂」が好きで、いつもそっちに行ってしまうんです。

昨年、初めて「まこと食堂」の後に「坂内食堂」をハシゴしようと思ったのですが、行列が凄まじすぎて断念しました。

Thumb DSC 0641 1024

何?この行列??

 

チェーン店でも十分美味しい!

さて、今回は所用のついでで千葉県千葉市にある「坂内 蘇我店」を訪ねました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b8e

オープン時刻は11時で私が入店したのは11時15分頃でしたが、店内はほぼ満席。座席数は、ざっと数えた感じでも50席はありそうなので、大繁盛ですね。

ちなみに11時50分頃に退店したのですが、その時点で順番待ちが出来ていました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b94

ほとんどの席が埋まっていたのでお店の全貌は撮れませんでした。これは空いたタイミングを狙って撮らせてもらったのですが、ご覧の通り店内は非常に清潔感があります。

お子様からお年寄りまで、全ての年代に優しいお店です。実際にお子様もお年寄りもたくさん来店されています。若者から中年までの主に男性客が中心の、尖ったラーメン店とは対極のようなお店ですね。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b96

こちらは、息子(小5)が注文したオーソドックスな「喜多方ラーメン」に味玉をトッピングしたものです。650円+120円で計770円です。

チャーシューもデフォルトでこんなにたくさん載ってくるので、相当なチャーシュー好きでない限りはチャーシューメンにする必要はなさそう。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b9d

麺は喜多方ラーメン定番の、モチモチした多加水のちぢれ麺。いやいやチェーン店でこの麺は上出来でしょう!

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ba2

改めて麺のアップを。

ご当地ラーメンはスープの方が注目されがちですが、喜多方ラーメンはスープ以上に麺が命。千葉県は水の質がイマイチなので、このような多加水の麺で勝負するのは大変でしょう。まぁ私は水の違いを感じられるほど味覚は鋭くないので、言ってみたかっただけですが(笑)。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b98

あまりに美味しそうに味玉を食べていたので、せっかくなので載せときます。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b99

続いては、私が注文した「喜多方わんたんラーメン」840円です。

特にワンタン好きということもないのですが、この日はせっかくブログに載せるつもりで来たので、変わり種をチョイス。

ただ、以前よりワンタンと喜多方ラーメンは相性が良さそうだと気になっていたんですけどね。なお、こちらもチャーシューが結構な量です。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b9b

ちゃんとワンタン用のスプーン(でいいのか?)も付いてきました。普段、ワンタン麺を注文することがないので良く分からないのですが、どこのお店もこんなスプーンが付いてくるのでしょうか?

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b9e

スープに浸っているワンタン。麺と同じように、ワンタンの皮がキラキラしています。これは期待できそう。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b9f

大きさはたいしたことないのですが、食べ易さを考えるとちょうど良い大きさかと思います。ツルンツルンと口に運んでいるうちに、あっという間に全部なくなってしまいました。

そしてスープも喜多方ラーメンらしく、あっさりした豚骨と醤油ベースのもので、麺とスープのバランス良好。

私のよく行く喜多方にある「まこと食堂」よりも澄んだスープでした。けど、系統はやっぱり喜多方ラーメンなんですよね。あっさりと書きましたが決して単に味が薄いという訳ではなく、旨味のあるスープです。

あとチャーシューも美味しいんですよ。チェーン店のレベルを超えています。柔らかくて程よい味付けのチャーシューなので、これくらいの量ならペロッといけちゃいます。

 

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b8f UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b90 UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b91

ご参考までに、2017年7月時点のメニューを載せておきます。

この他にも期間限定メニューがあったりするので、いつも選ぶのに迷っちゃうんです。

ここに来るのはやっぱり喜多方ラーメンが恋しくなった時なので、最初は普通の喜多方ラーメンを注文するつもりでいるのですが、メニュー表を見ているうちに初心がぐらついてきます。

 

モバイルクーポンが結構おトクなので、使わなきゃ損ですよ!

大好きです、クーポン。だって大した苦労もなく安くなるんですよ。

手順はお店のテーブルに貼ってあるので、携帯電話・スマホを持っているのであれば、是非登録されてはいかがでしょうか?

私はもちろん登録していますが、この写真にあるようにラーメンが安くなるものがありますし、それ以外でも「1人当たり40円引きになります」みたいなオールマイティーなクーポンメニューが用意されているので、「今日は使えるクーポンがないなぁ」みたいなことにはなりません。

この日も上記の「1人当たり40円円引きになる」クーポンを使用させて頂いたので、2人で80円引きになりました。会計時にスマホの画面見せるだけで80円引きですからね!使わなきゃ損でしょ!!

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6b93

なお、こちらの「坂内モバイル倶楽部」はアプリ形式ではなくウェブブラウザからアクセスする形式なので、URLをブックマークに登録しておくと楽です。

ちなみに、登録したからといって怒涛のようにスパムメールが届くようになるなんて事はありません。安心してご登録ください。

 

総括

「喜多方ラーメン 坂内・小法師」は、全国に何十店舗も構えるチェーン店なんですが、私が喜多方ラーメン好きだという贔屓目なしにチェーン店にも関わらず非常にレベルが高いです。下手な個人経営のラーメン屋よりも美味しくて値段も手頃なので、ホントに真面目な会社なんでしょう。

すごく好感が持てます。

「喜多方ラーメンが恋しくなった時」だけでなく、「家族で何か食べに行こうか」という時の選択肢にも十分なり得るお店です。

ただ、全国に何十店舗もあるとは書きましたが、全都道府県にあるという訳でもないので、もしお近くに「喜多方ラーメン 坂内・小法師」がなかったらゴメンなさい。喜多方の街はラーメン店だらけで楽しいので、坂内・小法師が近くにないなら、いっそのこと喜多方まで行ってみるといいですよ。

喜多方サイコ〜!【前編】ラーメン天国で「まこと食堂」を堪能。その他「五色沼」など見どころ満載!

2016.05.20

(^ ^)ではでは(^ ^)

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

ABOUTサイト運営者のご紹介

小爪 獺(こつめ かわうそ)

千葉県出身千葉県在住。家族構成は妻と子2人(娘+息子)。都内に通う普通の会社員です。

2015年12月に気の迷いで当ブログを開設。
基本スタイルは「雑記ブログ」ですので、今の自分が興味を持っていることを無選別に発信していきますが、似たようなライフスタイルを持つ方のお役に立てれば幸いです。

詳しいプロフィールを見る