モバイルバッテリー「Anker製 Power Core II 20000」レビュー。MacBook Proも充電出来た!

スポンサーリンク

皆さん、おはこんばんちは。コツメです。

今回は、Ankerより発売されている大容量モバイルバッテリー「Power Core II 20000」をご紹介したいと思います。

こちらの製品は、「iPhone」等のスマートフォンや「iPad」等のタブレットはもちろんのこと、USB-Cポートを搭載する「MacBook Pro(2016)」への充電も可能です(注:実際に試してみました)。

しかもUSB-Aポートが3つも付いており、すなわち3デバイス同時に充電することが出来ちゃう。大容量なので一般的な使い方からヘビーユースまで、あらゆるニーズに対応したモバイルバッテリーです。

現時点(2017年2月12日)でAmazon価格は、4,399円と大容量の割にはお買い得感のある値段設定となっています。

 

スポンサーリンク

iPhone7を約7回、iPad Air2を1.8回のフル充電能力!

まずは、公表されている「デバイス別充電可能回数」から。

  • iPhone7 ・・・ 約7回
  • Galaxy S7・・・ 約4.5回
  • iPad Air2  ・・・ 約1.8回

 

いずれもフル充電可能な回数となっています。iPhone7を7回も充電できるのなら、電源確保が困難なキャンプ時や災害時にも非常に心強いですね。

20,000mAh、恐るべし!

また3つのUSB-Aポートは、Anker独自技術「PowerIQ」が採用されているため、急速充電することが可能となっています。

 

2つの入力ポートで6時間以内のフル充電!

なんとこの「Power Core II 20000」には入力ポートが2つ用意されています。後述しますが、そのため専用の充電用ケーブルも全く同じものが2本付属しているという力の入りっぷり。

20,000mAhの大容量ながら、最速6時間で「Power Core II 20000」本体へのフル充電が完了します。寝る前に充電しておけば、朝にはフル充電されているという感じですかね。但し、2つの入力ポートを使えばという条件付きなので、本体への充電スピードにこだわるのなら2本挿し、別に普通に充電できれば十分というのであれば1本挿し、と目的に応じて使い分けましょう。

 

実物紹介 と レビュー!

まずはパッケージから。

パッケージの出来と中身の出来は、たいていの場合において比例していますからパッケージは大事です。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6337

まるでApple製品のような、ピッチピチのシュリンクラップに包まれています。さすが大手。そして持ち上げるとズッシリとした重みを感じます。こういうのはなるべく軽い方が嬉しいのですが、20,000mAhの大容量に相応の重みと言ったところでしょうか。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6339

シュリンクラップを破り、蓋をオープン。

ほぼ箱の大きさと変わらないサイズの、「モバイルバッテリー」本体と思わしき物体が登場。うーん、デカイですね。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 633b

内容物をすべて取り出してみました。

モバイルバッテリーって、もっとカジュアルなものだと思っていたのですが、まさかのキャリングポーチ付きw。ここにきて「ちょっとヤバい製品に手を出してしまった」感が。。。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6348

よく調べずに買ってしまったのがいけないのでしょうが、かなり重いのでとりあえず計ってみました。調べればどこかに書いてあるんでしょうけど。

結果、389gと判明。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 633c

先日購入した、USB-C – USB-Aケーブルを比較対象として載せてみました。分かる人にしか分からないでしょうが、このくらいの大きさです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 633e

これが2つの入力ポートです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 633f

両方のポートに付属のケーブルを挿してみた図。なんか物々しい雰囲気になりました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6344

どうやって2つの入力ポートへ電源を供給しようかと考えた結果、1つはiPad2のアダプターに、もう1つはMacBook Pro(2016)のアダプターにそれぞれ挿してみました。

MacBook Pro(2016)はUSB-Cポートしかないので、先ほどの「USB-C – USB-A」アダプターを間に嚙ます必要がありますが、何とか既存のアダプターで充電可能であることがわかり一安心。急がなければ入力ポートを1つだけ使えば問題ないんですけどね。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6340

ちなみにバッテリー残量は、このような4段階のインジケーターで確認できます。

 

MacBook Pro(2016)を充電するには「USB-C – USB-Aケーブル」が必要です。

さて、今回このモバイルバッテリーで試してみたかったことの一つ、それは「MacBook Pro(2016)に充電する」というもの。

これまでの「MacBook Air」や「MacBook Pro」のポート(マグセーフ)だと、普通のモバイルバッテリーから充電することが出来ませんでした。それが「USB-C」準拠となったことで、普通のモバイルバッテリーからも充電できるようになったはず。

ところが・・・、MacBook Proとモバイルバッテリーを接続するには「USB-C – USB-A」ケーブルが必要になるんですね。気付きませんでした。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 635f

仕方がないので、Amazonでこちらのケーブルを追加発注。799円と高くはありませんでしたが、余計な出費だわ・・・。実際のところ、このモバイルバッテリーでMacBook Proを充電する機会があるかどうかも怪しいので。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6360

さっそく追加購入したケーブルを使って、モバイルバッテリーとMacBook Proを接続。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6361

何の証拠にもなりませんが、このようにMacBook Proの画面上で充電されていることが確認できました。なお、MacBook Proをフル充電できるのか?時間はどのくらいかかるのか?といった点については、まだ未確認です。

もしご要望があれば実験してみようと思いますので、「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

 

ま・と・め

今回購入したモバイルバッテリー「Anker Power Core II 20000」ですが、さすがは大手のAnker製とあって作りもしっかりしています。

何かの拍子に停電になったとしても、iPhone7が7回も充電できる大容量ですので、復旧するまでに使い切ることもなさそうです。

ただ、日常的に持ち歩くには、かなり重くてデカいですw。

もし、充電対象となる機器がスマートフォンだけなら、もっとコンパクトなモバイルバッテリーの方が安価で使い勝手も良いでしょう。

しかし、USB-Cポートを搭載した「MacBook」や「MacBook Pro(2016)」へ充電する可能性のあるユーザー(まさに私)にとっては、非常に魅力的な製品です。いくら「Anker Power Core II 20000」が重くて大きいとはいえ、これまでの「HYPER JUICE」なんかに比べたら圧倒的に安価でコンパクトですからね。

まぁMacBook Proへの充電は、あくまで非常用として考えるのであれば「Anker Power Core II 20000」はベストチョイスではないでしょうか?

是非ご検討を!

(^ ^)ではでは(^ ^)

 

もっとコンパクトでいいのなら、同じAnkerのこちらはどうでしょう?

 

MacBook Pro(2016)に充電するなら、ケーブルも一緒に買っておきましょう!

「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

ABOUTサイト運営者のご紹介

小爪 獺(こつめ かわうそ)

千葉県出身千葉県在住。家族構成は妻と子2人(娘+息子)。都内に通う普通の会社員です。

2015年12月に気の迷いで当ブログを開設。
基本スタイルは「雑記ブログ」ですので、今の自分が興味を持っていることを無選別に発信していきますが、似たようなライフスタイルを持つ方のお役に立てれば幸いです。

詳しいプロフィールを見る