【シリアス版・前編】壮絶死闘!アニサキス vs 俺。生サバ食ったらヤツ(寄生虫)が居た!!

スポンサーリンク

 

諸君は「アニサキス」をご存知だろうか?

 

長いが、ウィキペディアから引用させてもらうと以下の通りである。

アニサキス(学名:Anisakis)は回虫目アニサキス科アニサキス属に属する線虫の総称で、海産動物に寄生する寄生虫である。ヒトにアニサキス症を発症させる原因寄生虫だが、ヒトへ感染するときには主にサケ、サバ、アジ、イカ、タラなどの魚介類から感染する。

胃アニサキス症の症状は、食後数時間のうちに始まる激しい腹痛と嘔吐である。嘔吐に際しての吐瀉物は胃液のみで、下痢も一切認められないことが一般的な食中毒と異なる特徴でもある。これはアニサキスの虫体が寄生のために胃壁や腸壁を食い破ろうとするために生ずる症状である。激痛のため診断の確定を待たず緊急開腹せざるを得ないこともある。

予防効果の期待出来ないもの[編集]

よく噛んで食べる:アニサキスの虫体はかなり強靱で、通常の咀嚼では噛み切れない。薄く切るのも同様。
薬味(ショウガ、ワサビ、ニンニク)による殺虫:人が食べられる濃度では効果はない[7]。

 

今から話す内容は、2014年2月2日(日)から4日(火)に渡って繰り広げられた、私コツメと寄生虫「アニサキス」による壮絶な戦いの記録である。

 

注:文中に出てくる「印西総合病院」は絶賛開業中ですが、今回の記事に出てきた時の「印西総合病院」は経営破綻したため、現在の「印西総合病院」は完全な別法人です。
確認してはいませんが、おそらくピアスの医者もいないでしょう。
誤解のないように、くれぐれもお願いします。

 

それは、いつもと変わらない日曜日の夜のこと。
食卓には、コツメシニア(コツメ家には同居しているコツメ両親がいる)が昼間にスーパーマーケットで買ってきたサバで作った、自家製の「鯖寿司」が並んでいた。

 

俺は「鯖寿司」が好きだ。
学生時代に京都に住んでいた時など、学生のくせに名店「いづう」で当時1本4,000円くらいしていた「鯖姿寿司」を買ってきて晩ご飯にかぶりつくほど、若い頃から「鯖寿司」が好きだ。
今も、「すし銚子丸」に行くと、かなりの高確率で「鯖寿司」を注文してしまうほどの「鯖寿司」好きである。

 

当然、何の迷いもなく、俺はコツメシニアお手製の「鯖寿司」を頬張った。
俺だけじゃない、家族6人全員が「美味い、旨い」とコツメシニアお手製「さば寿司」に舌鼓を打ったのである。

この後、2日間にも渡る「ヤツ」との戦いが待ち受けているとも知らずに・・・。

 

 

その夜、就寝中にもかかわらず、強烈な吐き気に襲われて目を覚ました俺は、慌ててトイレに駆け込んだ。

 

リバースだ。

 

俺は、ケチな性分なので、食べたものをリバースするのは極力我慢することにしているのだが、この時ばかりは吐き気が勝ったのと、やはり頭の片隅に「鯖を食べた=食あたりか?」という疑念があったので、ここは盛大にリバースして胃を空にした方がいいだろうという計算が働いたのである。

 

実際、リバースしたことによりスッキリした俺は、その後朝まで一度も目覚めることなくグッスリと眠ることができたので、この時点ではまだ事の重大さに気づいていなかった。

 

 

翌朝、目覚めると昨夜の吐き気は嘘のように治っていたので、いつも通り出勤の準備をしていたのだが、起きてから時間が経過するにつれてこれまでに体験したことのない妙な違和感を胃に感じ始めた。

 

10分程の周期で、胃が締め付けられるようにキリキリと痛むのだ。
この痛みがきた瞬間は、とても平常を装うことなどできず胃に手を当てて前かがみの姿勢になり、自然と「痛ててててててっ!」というセリフが口を突いて出てくる。

 

まるで陣痛だ。自分の体から子供を産んだことないけど、これはまさに陣痛である。

 

その時の俺の頭の中は「なんだか良く分からないが、やはり鯖に当たったのだろう。治ったように感じていたが、まさか陣痛が訪れるとは。これは病院に行くしかないな。」といった程度で、まだ事の重大さを理解していなかった。

 

 

仕方なく、俺は仕事を休んで朝から病院へ向かった。
いつも行っている近所の診療所をなんとなく避けて、1年前くらいに出来た(その当時)新しい「印西総合病院」を選んだ。
今となっては「印西総合病院」を選んだ理由が自分自身でも分からないが、結果的にネタとしても十分美味しい体験をすることが出来たので正解だったと言えよう。

 

 

「印西総合病院」は、その新しさと大きさからは想像もつかないほどに空いていた。
2月の病院である。普通は風邪やインフルエンザの患者で溢れている時期なのに、このガラガラ状態はなんだ?

 

かなり待たされるであろうことを覚悟して訪れた俺は拍子抜けさせられたが、この胃の痛み、早く診てもらえるに越したことはない。

程なくして呼ばれた俺が診察室に入ると、そこには耳にとてつもない量のピアスを付けている太った医者がいた。

 

これ、言っておくけど「話、盛ってないからね!」。マジでピアスだらけの医者だったんだから、これはもう書かない訳にはいかない。

 

耳にピアス、しかも大量。輪っか型のピアスが何連にもなって耳を貫通している。
こんな医者は未だかつてお目にかかったことはない。

「なんて医者のところに来てしまったんだ」と後悔しても今更どうにもならない。

どこに視線を持っていけばいいのか、いくら考えても自然と耳に集中してしまう。。。

 

そんな状況でも、なんとか自分の症状をピアスの医者に説明すると、ピアスの医者は意外な診断を口にした。

 

「もしかすると、アニサキスかも知れないなぁ、これ。」

 

アニサキス??聞いたことはあった。確かイカについている寄生虫と何かで読んだ記憶がある。ピアス医者によると、生サバには非常に高確率でアニサキスが潜んでいるらしい。
「じゃあ、早くなんとかしてくれ!」と言いたいところだが、ピアス医者から次なる意外な言葉が出てきた。

 

「じゃあ、明日の10時30分から胃カメラ予約とれたから、また明日来て。」

 

おいおい、ちょっと待ってくれ。
確かに痛みは10分間隔くらいだから、耐えられないこともなくはない。
しかし、明日って何?今すぐ確認しない訳??

 

この疑いが表情に出たのだろう。ピアス医者は少し申し訳なさそうな口調で事情を説明し始めた。曰く、この病院は医師集めに苦労しており、胃カメラ担当は火曜と金曜にしか来ないため今日中に検査をしたくてもやりようがないらしい。

 

一体どういうことなのか?こんなに綺麗で大きな病院が、患者数も少なく医師集めにも苦労しているなんて。
この時には、この「印西総合病院」が数ヶ月後に経営破綻して民事再生法適用申請をすることになるとは知る由もなかった。

 

 

こうして、この日は陣痛のような痛みを胃に感じ続けながらも、翌日の胃カメラ予約をしただけで「印西総合病院」を後にしたのであった。

 

長くなったので、後編に続く。

スポンサーリンク