和菓子が食べたい!地元御用達「明石堂」(印西市高花)へ

スポンサーリンク

コツメです。

ときどき、「むしょーに和菓子が食べたくなること」ありませんか?私はときどきでなく、しょっちゅうあります。少なくとも週1で波がきます。

そして月イチで、かなりのビッグウェーブが襲来します。

定番な和菓子(だんごとか大福とか)なら、スーパーマーケットへ行けば定番どころだとヤマザキのとかあるし、セブンイレブンの「十勝大福本舗」製の和菓子類も美味しいので、和菓子探しで困ることはないけれど、いざ「和菓子屋さんの作りたてが食べたい」となったときに、意外と和菓子屋さんって近所になかったりするよね。

ところが、申し訳ないことに、田舎なはずの私コツメが住む街には、なぜだか近所に和菓子屋さんがあります。
「和洋菓子 明石堂さん」です。

thumb_IMG_4536_1024_Snapseed

今回、実は市内の某有名団子屋さんへ朝から団子を買うためだけに車を飛ばしたのですが、運悪く休業だった様でシャッターが下りていました。
しかし、もうそこまで「和菓子のビッグウェーブ」が押し寄せてきている状況だったため、ホームグラウンドの明石堂さんへやってきたという次第です。

なお、明石堂さんは決して「仕方なく」で訪れるお店ではありません。
結局、他でフラれても最終的に帰るところはここだな、という安心感が地元の店にはあるなぁ、としみじみ感じます。

さて、明石堂さんは和菓子が主流ですが、和洋菓子と謳っているとおり洋菓子も扱っており、これこそ地元に密着したお店の小回りが利く良さというもの。

ただ、こんな風に書くと「こじんまりとした品数も少ない、ちと暖簾をくぐるのが躊躇われるようなお店」というイメージを抱かれるかも知れませんが、店構えは小降りなれど、品数はかなり豊富です。
いちいち紹介できない、選ぶのに悩むくらいの品数があります。

で、今回は、もともと団子を食べるつもりでいた日なので、

  • みたらし団子(1本90円)
  • 餡団子 (1本90円)
  • 草餅(1個150円)

という、庶民的な和菓子を購入しました。

thumb_IMG_4542_1024_Snapseed

まず草餅は、よもぎの鮮烈な香りが噛みしめるたびに口の中に広がり、また程好い甘さの餡が良く合います。特にこのよもぎの香りは、専門店で売っている草餅ならでは。

団子の方も、ラップで包まれたみたらし団子は、ラップを取るとみたらし餡が垂れてしまうほどの滑らかさ。団子そのものもちょうど良い弾力で、やわらかいもののしっかりと歯応えもあり、餡との相性も抜群です。

みたらし餡は、スーパーマーケットで売っているものだと、たいてい固まってしまっているのだけど、さすがは専門店といったところです。但し、放置するとすぐに硬くなってしまうので、少なくとも当日中に、出来れば持ち帰ったら速やかに食べるのが良いでしょう。

なお、明石堂さんの場所ですが、住宅街の中に溶け込んでいて初めての訪問だとかなり分かりにくいと思います。
「こんな場所に?」と不安になるかも知れませんが、よく探せば昇りも出ているので大丈夫です。

駐車場も完備です。2〜3台分くらいあります。
私にとっては地元のお店ですが、車でも来られますので遠方からもどうぞ。

thumb_IMG_4538_1024_Snapseed

・明石堂:公式HPは無いようですので、食べログ。

 

[map]千葉県印西市高花5-7-6[/map]

スポンサーリンク