大阪お土産は「551蓬莱の豚まん」で決まりでしょ!チルド豚まんなら持ち帰り可。

スポンサーリンク

 

今回は、全力で「551蓬莱の豚まん」を紹介させて頂きます。こんにちは、コツメです。

ところで、少なくとも私の住む千葉では子供の頃からずっと「肉まん」ですが、大阪(関西)だと「豚まん」って呼ぶんですよね。

この違いって何でしょう?気になって仕方がありません。

 

で、気になるので調べてみたところ、まさに「551蓬莱」の公式ウェブサイトに記載がありましたのでご紹介しておきます。

 

以下「551蓬莱ウェブサイトより引用」

551蓬莱
大阪では肉まん・中華まんと言わずに「豚まん」と呼びます。 それは、大阪は牛肉文化のため、単に「肉」と言うと「牛肉」を指すからなのです。 「豚まん」と呼ぶことで「豚肉」ということを力いっぱい主張しているんですよね。

 

さて、場が暖まってきたところで今回の本題となります「551蓬莱の豚まん」ですが、私なんぞが言及するまでもなく昔から大人気ですよね。

ブログ界においても、すでに多くの人が紹介しているに違いないのですが、分かっちゃいても書かずにはおられない魅力が「551蓬莱の豚まん」には詰まっているんです。冒頭にも記載の通り、全力で紹介させて頂きますのでどうぞお付き合い下さい。

 

 

スポンサーリンク

「551蓬莱の豚まん」は関西地区限定!

お土産としての価値を図るポイントで最も重要なのは「他では買えない」という点。

「551蓬莱の豚まん」は、関西地区(大阪、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県)にしか店舗がなく、私の住む千葉はもちろんのこと、東京、名古屋、福岡などの主要都市でも手に入りません。(但し、551蓬莱オンラインショップでの通信販売は有り)。

また、時々全国の百貨店などに臨時出店することはありますが、開催数も少なく期間も短いので、あてにすることは出来ません。

なので、せっかく関西地区へ行ったなら買って帰らない理由が見当たりません!

 

 

遠距離の持ち帰りは「チルド豚まん」で!

関西地区には、多くの「551蓬莱」店舗があるのですが、そのほとんどでは「チルド豚まん」の取り扱いはありません。通常は、温かく蒸しあがった豚まんのみが販売されています。

まさか温かい豚まんを東京方面まで持って帰る訳にはいきません。理由は二つ。

  • 日持ちしない
  • 新幹線(or 車)の車内が豚まん臭くなる

という訳で、長距離移動で持って帰る場合は「チルド豚まん」一択なんですが、これの取扱店が意外と少ないので注意が必要です。

取扱店については、これも公式ウェブサイトに掲載されていましたので引用させて頂きます。

 

551蓬莱
551蓬莱の「豚まん」は全て直営店で手作りで出来立てを販売しております。「冷凍」商品は当社では一切販売しておりません。尚、「遠距離移動」をされるお客様のご利用が多い「新大阪駅店」「新大阪駅構内店」「メディオ新大阪店」「伊丹空港店」「関西空港店」「JR大阪駅店」「大津SA(上り)店」「大津SA(下り)店」にてあつあつの豚まんを急速冷蔵した「チルド豚まん」を販売しております。

上記以外の店舗は、すべて温かい豚まんのみの取り扱いとなりますので気を付けましょう!

私も実際にやらかしたことがありまして、京都伊勢丹の地下でチルドだと思って購入した大量の豚まんが、すべて温かいものだったということがあります。無知って怖い。

 

なお、新大阪駅の店舗は混雑することが多いので、JR大阪駅店の利用がオススメです。

やっぱりね、皆さん新幹線に乗る直前に買いたいから新大阪駅の売り場は混むんですよ。時間に余裕がないと「発車時刻までに買えるのか?」と行列に並びながらドキドキしちゃって精神衛生上良くありません。

その点、JR大阪駅の方はそれほど混雑していませんので、結構すんなり購入することが出来ます。但し、JR大阪駅の改札外にあるので、その点だけご注意ください。

 

 

実食レポート!

「551蓬莱の豚まん」を大阪土産にオススメする一番の理由。それは「美味しいから」、です。

いくら写真を載せようが文字で説明しようが、実際に食べて頂かないとこの豚まんの美味しさを理解して頂くことは難しいのですが、まぁ美味しいんです。

一口頬張って「あ、美味しい!」となり、一個食べ終わると、つい二つ目にいきたくなる。高級食材とかが使われている訳ではないので、あくまで庶民の味の域に収まる食べ物なんですが、とにかく美味しい。

皮のモチモチ感が絶妙で、中身(具)もジューシー。そしてくどくないのに味わい深い。最高です!

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 5faa

左上に「チルド」と書かれています。一旦蒸しあげたものを急速冷蔵したものが「チルド」です。5日間持ちますので、お土産用として重宝します。

販売単位は1箱からで、1箱に4個の豚まんが入っています。

これでお値段は680円(税抜)です。1個あたりだと170円。持ち帰り用だと割高になっている、というようなことはありません。温かいのを単品で1個買っても170円です。

今回、私は3箱購入したのですが、別売りの保冷袋(小は3箱まで収納可で150円)を購入すれば5時間まで持ち運びOKです。通常は紙袋に入れて渡されますが、そちらは保冷剤を入れても3時間までなので念のため保冷袋を購入すべきかと思います。ちなみに保冷袋も551のロゴ入りです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 5fab

箱を開けると、このように縦に豚まんが4個並んで収められています。

この写真では3個しかありませんが、それは1個食べてしまったからです。以上。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 5fa4

こちらが、チルド豚まんが再び温かさを取り戻した状態です。

551の蓬莱オススメの復活方法は、蒸し器を使う方法。他にも電子レンジを使う方法がありますが、よりふっくら仕上げるには蒸し器を使うやり方がオススメです。

ちなみに上記写真のものは、電子レンジを使っています。電子レンジでも十分美味しいです。

購入時に温め直し方が書かれた紙が貰えますが、公式ウェブサイトにも掲載されていますので宜しければご参考まで。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 5fa6

割ってみると、こんな風に具が詰まっています。皮との比率もご覧頂いた通りです。

大きさでいうと、横浜中華街の有名店で売られているような肉まんよりは、コンビニやスーパーマーケットで売られているような肉まんに近いです。

個人的には、大きすぎるものよりも「551蓬莱の豚まん」サイズの方が食べやすくて好みです。少食気味な私でも、2個くらいがちょうどいい量です。大食らいな人なら1箱(4個)いけちゃうのではないでしょうか。

 

チルド販売は、「豚まん」「焼売」「エビ焼売」の3種類

「551蓬莱」では、豚まん以外にも中華系点心を中心に、夏場にはアイスキャンデーも売られていたりと色々な商品が販売されています。

そんな豊富なラインナップの中で「チルド」で売られているのは、以下3点のみ(2016年10月時点)です。

  • 豚まん(4個入り)
  • 焼売(10個入り)
  • エビ焼売(20個入り)

焼売、エビ焼売も美味しいので、合わせてご購入されてはいかがでしょうか。

 

帰りの新幹線車内で食べていいのか?問題について

ちょうど食事時の新幹線で帰る場合、ついでに温かい豚まんも買って新幹線でも食べたくなる欲求が湧いてきます。一度でも551蓬莱の豚まんを食べたことがある方なら、なおさらその思いは強くなることでしょう。

しかし、紳士淑女な皆さんのことですから「豚まんって、結構周囲に匂いをまき散らしちゃうんだよねー」という心配をされることも当然かと思います。

確かに、一般的な弁当と比較すると、ほかほかの豚まんは匂いが飛散します。それを新幹線車内という密閉された空間で食べたらどうなってしまうのか。心配されるのも無理はありません。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 5fbd

ちなみに、新幹線車内で食べると、こんな図になります。

これは2個入りになりますが、新幹線のテーブルにちょうど良い大きさです。

個人的な考えとしては、夕方以降の新幹線なら「アリ」だと思っています。周囲の皆さんもビールや日本酒飲んだり、そこそこ匂いのする食べ物を広げているケースが多いので、それほど豚まん臭が目立つこともなくなります。

それでもなるべく匂いを抑えたいので、東京方面へ向かう場合でしたら乗車と同時に食べ始めて、遅くとも京都に到着するまでには食べ終わるくらいのペースがいいでしょう。で、食べ終わったら素早く箱はゴミ箱へ。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 5fbc

それから、豚まんと共にちまき(380円)を買うのもいいですね。これは匂いがあまりしません。逆に焼売は豚まん以上に匂いがするので、さすがに新幹線車内ではやめて置いた方がいいかも知れません。どこで線引きするかは難しいところですけど・・・。

ちまきは定番3商品の他に、この時だと松茸入りちまきでしたが期間限定品があったりするのも楽しいです。豚まん2個とちまき1個で720円ですから、これにビールと足すと1,000円くらいになりますでしょうか。

1,000円でこの満足度、めちゃめちゃコスパ高いです!

 

ま・と・め

「551蓬莱の豚まん」は、めちゃめちゃ美味しい!なのに1個170円という驚きのコストパフォーマンス!

購入できる場所も関西地区だけ!

まさにお土産向きの一品ですが、これ遠方からのお土産需要はもちろんありますが、基本的に消費しているのは関西の皆さんです。地元の人達こそが「551蓬莱の豚まん」信奉者であり、声を揃えて「551の豚まん食べたいわぁ」と言っています(コツメ調べによる)。

地元の人達が年中食べている551の豚まん、お土産にして喜ばれない訳がありません。

 

ただ、温め直す必要がありますし、匂いもするので職場へのお土産向きではありませんね。自分用(家庭用)かご近所向けになるかと思います。私の場合、もっぱら自宅用です。

まぁ東京でも551の紙袋を持ってる大阪帰りの人をたくさん見かけますので、関西以外の人も既にかなりの人が「551蓬莱の豚まん」がいかに美味しいものかご存知かと思います。

それでも「551蓬莱の豚まん」には、書かずにはいられない魅力がある!

という訳で、大阪土産は「551蓬莱の豚まん」で決まりでしょ!チルドなら5時間まで持ち帰り可ですよ!!

以上

大阪出張のお土産に迷ったら「GRAND Calbee(グランカルビー)」でいいんじゃない?

2016.10.29

スポンサーリンク